Home > スポンサー広告 > Soundtrack

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://hommanet.blog106.fc2.com/tb.php/53-334d27d8
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from A Note From The Composer

Home > スポンサー広告 > Soundtrack

Home > Music > Soundtrack

Soundtrack

  • 2010-08-13 Fri 14:46:39
  • Music


久しぶりにいつもの映画館。そういえばMileageポイントがだいぶ貯まってるはずだと、カードをチケット売り場に出してみた。「期限切れです。」エェェェェーッ!それも有効期限が1年以上前。家ではDVDや録画の映画三昧の日々のためか、そんなに映画館に足が遠のいていたとは。せっかく貯めてたポイントが....気を取り直して劇場内へ。

素直に面白かった!後述するが音楽がこれまた秀逸!そして、その映画は、


『INCEPTION』( インセプション)アメリカ映画 148分』

監督・脚本:クリストファー・ノーラン
音楽:ハンス・ジマー
出演:レオナルド・ディカプリオ、ジョセフ・ゴードン=レビット、マリオン・コティヤール、エレン・ペイジetc.




(内容)
夢の中で潜在意識に架空の記憶の“植え付け”(INCEPTION)をして、夢と現実を判らなくさせ重要な〈アイデア〉を盗みだす。「夢の中の階層」 夢の中で更に夢を見る,夢を見させる。曖昧になる夢と現実の狭間に迫り来るタイムリミット、そして、「深層心理学の“ユング”や“フロイト”の世界に近い。」との評価記事も。

(見どころ)
夢の中の浮遊感や無重力状態、無重力世界(注目シーン)。4大陸6カ国に及ぶロケ。夢の設計力テストは迷路作り(発想GJ)。


そして、音楽だ。主題歌はフランスのシャンソン歌手エディット・ピアフの「Non, je ne regrette rien」(水に流して)。スコア作曲はハンス・ジマー(Hans Florian Zimmer ,1957年9月12日 )ドイツ、フランクフルト生まれ。ハンス・ジマーは「ラジオ・スターの悲劇」(バグルス)などのバックアップメンバーとして音楽活動をスタートし、現在ハリウッドを代表する映画作曲家。作曲家グループ「リモートコントロール」(ハリウッド映画の大半を独占する有名な作曲家集団)を率いる。

主な作曲作品

レインマン Rain Man (1988,アカデミー賞ノミネート)
ドライビング Miss デイジー Driving Miss Daisy (1989,アカデミー賞受賞)
バックドラフト Backdraft (1991)
ライオン・キング The Lion King(1994,アカデミー賞受賞)
クリムゾン・タイド Crimson Tide(1995,グラミー賞)
グラディエーター Gladiator (2000,ゴールデングローブ賞)
パール・ハーバー Pearl Harbor (2001)
パイレーツ・オブ・カリビアン Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl (2003)
ラストサムライ The Last Samurai (2003)
バットマン ビギンズ Batman Begins (2005)
ダ・ヴィンチ・コード The Da Vinci Code (2006, ゴールデングローブ賞ノミネート)
ダークナイト The Dark Night (2008、グラミー賞受賞)
シャーロック・ホームズ Sherlock Holmes (2009, アカデミー賞ノミネート)、他など多数。


主題歌モチーフのスローVersionをメインに、弦、金管、シンセサイザーを使った見事なオーケストレーションが聴きどころだ。訴えかけるメロディーは少なく、状況にフィットしたシーケンス中心のサウンドではあるが、上映中、思わずスコアの分析に夢中になった。詳しい内容は内緒にしておきたいので(もったいぶって企業秘密!)差し障りない分析結果を述べると、「弦の定位とアンサンブル、金管低音部の編成、打楽器とSEを含めた音響デザインが斬新である。」

監督コメントにも「この映画の中には、曲と音響デザインの区別が実際につかないシーンがある」とある。
「これだよ!」この映画のスコアの凄みはここにある!他のほとんどの映画は残念ながらSEのためのサラウンドになっているのが現実だ。

聴いていてドキドキした。そして、身体中が熱くなっていくのを自覚できた。まるで劇中シーンにある「夢から現実への目覚め」に使われる「キック」(刺激)を受けたように。

早速、オリジナルサウンドトラックCDでも確認してみたが、映画館のサラウンドとCDの2chの違いはあるものの曲の表現はほぼ同様に伝わってくる。ちなみにギターは元The Smithsで現The Cribs(今年、Fuji Rock出演)のジョニー・マーが担当している。






そして、言うまでもなく帰宅前にMileageカードを再び新規会員登録した。僕の音楽魂に稲妻のような「キック」を与えたクリストファー・ノーラン、ハンス・ジマーに感謝しながら、「よーしっ、毎日映画館にいくぞ!Mileage、Mylife! 」と無理な誓いを立ててみた。



Today's My Favorite Song



Caesars - (I'm Gonna) Kick You Out
http://www.youtube.com/watch?v=4wIAk1n2Vmw




Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://hommanet.blog106.fc2.com/tb.php/53-334d27d8
Listed below are links to weblogs that reference
Soundtrack from A Note From The Composer

Home > Music > Soundtrack

Tag Cloud
2014 Count down

大阪税理士が送るWroldCup

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。