Home > スポンサー広告 > Christmas Song

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://hommanet.blog106.fc2.com/tb.php/383-1487b0d5
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from A Note From The Composer

Home > スポンサー広告 > Christmas Song

Home > Music > Christmas Song

Christmas Song

  • 2013-12-24 Tue 12:12:33
  • Music

今年もクリスマスの時季が来た。キリスト教圏の各都市では空港や中心部の街並みに素敵なイルミネーションやディスプレイが施されているに違いない。Fulham FC のホーム"The Cottage"ことCraven Cottage にも沢山のサポーター・サンタが登場していることだろう。僕にとっても誕生月の6月とサンタクロースの来てくれる12月は子供の頃から特別な思いがするロマンティックな月だ。




キリスト生誕について諸説あるが、クリスマスはたとえツリーがなくても、その下にプレゼントがそっと置かれていなくても、相手と心が繋がっていさえすれば誰もが主役になれる最高の「愛を祝う」日である。「この日にヤドリギを屋内に飾り、その下で出会った二人はキスをしなければいけない。」といった風習もあり、そんな映画のようなシーンも他人事とはいえ、ほのぼのした気持ちになれる。そういえば子供の頃、ロシアの隣人からこの日に招かれた時の異空間は未だ見ぬ異国情緒の薫りと色彩が満ち溢れ、そこでの驚きと憧れは今でも鮮明な記憶として残っている。

長崎 ロシア領邸 長崎 ロシア領邸2
右はY邸跡地。左は他邸、テラスと眺望は酷似している。


反面、現代消費社会の中で「聖なるクリスマス」が商業主義に汚染され過ぎとの批判も以前からある。さらに、戦後の日本人の多くは降誕祭の精神を理解することなく、日本中がまるで魔法にかかったように「男女の愛の祭り」としてこの日に便乗しているのでは?と見る向きもある。しかし、収束の見通しが立たないフクシマ第一原発汚染水、そして脱原発、東北復興問題に加え、文言が難解な秘密保護法や国家安全保障戦略の策定に強いキナ臭さを覚える今こそ、この日を一国民として社会にどう関わるべきか、あるいは自己の内面にどう向き合うべきか、冷静に思索する時間としてみるのはどうだろうか。僕も「生きる喜びとは何か」をあらためて自らに問いかける日としてクリスマスを過ごそうと思う。

ところで、国家安全保障戦略が強調する「愛国心」とは一体何なのだろうか。それも軍事的懸念に特化した「愛国心」とは?何故、「祖国愛」といった概念で文化的・教育的側面から広く国民に問わないのだろうか。権力者は国民をただの「声なき愚民」と見做しているのだろうか?我々が出来ること、それは我々が感じる多くの疑問に対して、勇気ある「声」を持つことだ。それが現政権を選択した我々の責任の取り方ではないのか。

それにしても猪瀬都知事の退場は至極当然ながら、今回の顛末は場末の喜劇すらにもなりえない全くの素人芝居。出る杭は打たれるの喩え通り、寄って集ってスケープゴートにされた感は否めないが、腐って曲がった釘が抜かれるのも道理。来年2月実施と想定される都知事選では都民の「一国の首都」に対する愛情と自覚、そしてそのビジョンと良識、見識が問われている。


そんな時こそ、「聖なる音」に耳を傾けたい。聖歌をはじめ、現在もこの日の喜びや楽しさを数多の音の俊英たちが表現している。そんな数ある名曲揃いのChristmas Song の中でも僕のお薦めは、Mel Torme 作曲、Bob Wells 作詞「The Christmas Song」(1944)。

"Chestnuts roasting on an open fire"(暖炉で栗の実が弾けている)という歌い出しの歌詞が好きだ。さらに、"And folks dressed up like Eskimos"(人々はエスキモーのように着膨れる)、"To kids from one to ninety-two"(1歳から92歳の子供達に)"Merry Christmas to you"と駄目押しされる。

Nat King Cole


最初に歌ったNat "King" Coleをはじめ、Ella Fitzgerald、Ray Charles、Christina Aguileraなど約100人以上がこの曲をカバーしている。いずれも名唱中の名唱ばかり。その質の高さは厳しい使用許可の設定にあると聞く。曲が使用される場面の雰囲気や曲のレベルに見合わない場合、使用を断わるほどの厳密な著作権管理体制があるらしい。選ばれたシンガーや映画制作者のみがこの曲を通じて、「クリスマスは誰もが楽しめる時」だとメッセージ出来るのだ。最高の「ブランド品」ともいって差し支えのない名曲である。

皆様にとって素敵なクリスマスでありますように

"Merry Christmas to you"



Today's My Favourite Song







Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://hommanet.blog106.fc2.com/tb.php/383-1487b0d5
Listed below are links to weblogs that reference
Christmas Song from A Note From The Composer

Home > Music > Christmas Song

Tag Cloud
2014 Count down

大阪税理士が送るWroldCup

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。