Home > スポンサー広告 > 友を送る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://hommanet.blog106.fc2.com/tb.php/381-01230b47
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from A Note From The Composer

Home > スポンサー広告 > 友を送る

Home > Others > 友を送る

友を送る

  • 2013-11-27 Wed 18:54:17
  • Others

彼が天に召されたのは9月15日、ちょうどブラインドサッカー体験教室in 長崎の日。その前日、彼の遺作とも呼ぶべきブラインドサッカーAnthem の映像を初披露したばかりだった。享年59歳。

約30年に亘る付き合いになる。それぞれの道で師と仰ぐ共通の先輩の存在があり、我々は結びついた。彼は僕との関係を他人には「兄弟弟子」と表現していた。そして、僕が作曲家としてヨチヨチ歩きだった頃、「ひらけ!ポンキッキ」という番組で協働することになる。そのディレクターだったのが彼だ。それ以来、青く、若かった我々は、子供に何を大人として本気で伝えるべきか?大人も楽しめる子供番組は成立するのか?などなど唾を飛ばしながら、夜を徹して語り明かしたものだ。そして、2005年頃から彼は日本サッカーの未来における音楽と映像美の可能性を唯一、共有出来る存在となったのだが・・・喪失感と無力感を抱えたまま、ここでそれを伝える事は今日まで僕には出来なかった。

2ヶ月と10日後に「送る会」が開かれた。まだ釈然としないが、僕自身、ある種のケジメはついたとしなければならないのだろう。残されたご家族が語る死因は、前例が無いほどの特別に進行の速い壮絶な病だったそうだ。その脅威の敵と闘う時間も無かった。無念だっただろう。彼が映像制作者として、それほど興味の無かったFootballの世界へ僕は強く彼の手を引き、共に夢を語った。そして、日本代表やCerezo大阪、ブラインドサッカーなどで数多くの素敵なプレゼントをしてくれた戦友とも呼べる彼の死はそう簡単には理解出来るものではない。僕たちの夢は、関わったそれぞれのチームにいずれも世界一の観戦環境を創ることにあった。そのために映像論を交わし、提案し、挑戦し、表現してきた。そして時には、現実主義者達にその本質を理解されず、挫折もした。我関せずの傍観者には荒唐無稽の企みと映ったのかもしれない。しかし、JFA2005年宣言もいうように夢がなければ強くなれるはずもない。僕達は今もその想いに偽りは無い。だからこそ、未だ見ぬ道を切り拓こうとする勇敢で冷静な友との永久の別れという事実は受け入れ難いのだ。

彼の経営する会社は、「映像」と「音楽」と「スポーツ」の力で「夢」と「感動」と「勇気」を伝え、この文化の遺伝子を次の世代につないでいく、と謳っている。そのロゴマークはこれ。

峯一郎

シンボルマークは何故か4枚花弁の桜だ。1枚足りない。それは彼が足りないピースを仕事の中で創り出し、それを加えて5枚の完成形を目指そうとする意志の表明だったのではないだろうか。そこでCerezoの映像制作を依頼した時に見せた彼の満面の笑みにも合点がいく。桜の愛に満ち溢れた人物だったのだ。


我々の世代になると会場に集まる弔問者は昔の仕事仲間の同窓会といった様相になってしまう。そこでは至る所で口々に彼の功績や人格の素晴らしさが語られていた。確かに、この業界における彼の手腕と温厚さは比類なきものであった。しかし、本当の彼のストロングポイントは違う。それは一度決断したら、最後まで絶対にやり通すという秘められた芯の強さにあったと思う。つまり、愛すべき頑固者だったのだ。「彼の意志を継いで」などと大それたことを僕は広言しない。僕に出来ることは唯一つ。それは彼と夢見た未知の世界へと迷い込むだけだ。きっと、彼は僕の道標となる眩い光となってくれるだろう。合掌。

細身で背の高い彼の名は峯一郎という。

そして、海をこよなく愛した男にこの曲を贈る。



Today's My Favourite Song

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://hommanet.blog106.fc2.com/tb.php/381-01230b47
Listed below are links to weblogs that reference
友を送る from A Note From The Composer

Home > Others > 友を送る

Tag Cloud
2014 Count down

大阪税理士が送るWroldCup

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。