Home > スポンサー広告 > スタジアムを楽しむ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://hommanet.blog106.fc2.com/tb.php/36-ee9989c3
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from A Note From The Composer

Home > スポンサー広告 > スタジアムを楽しむ。

Home > Football > スタジアムを楽しむ。

スタジアムを楽しむ。



サッカーを食事に例えるならゲームそのものはメインディッシュ。メインディッシュにより高い満足度を与え引き立てるのは、食前酒や前菜の充実度やスタッフ、ギャルソン、ソムリエなどの役目。チームの顧客対応や意識と「スタジアム演出」がそれに当たる。

そこで個人的な独断と偏見による楽しめる要素を挙げてみる。強豪リーグチームの場合、レヴェルの順番は逆になることも多くみられる。


レヴェル1(プロチームの持つべき必要最低条件)

・スタジアムの持つ安心で居心地の良い雰囲気(バリアフリー、外観、アクセス条件の改善なども含む。)
・全員で歌える曲
・参加したくなるチャント
・安価で美味しいスタジアムグルメ
・スペクタクルで感動をもたらす好ゲームと選手達の躍動
・観客同士のいいコミュニケーションをもたらす動機



レヴェル2(顧客満足度の対応に高い意識を持つチームに存在するもの)

・チケッティング時の係員の笑顔、挨拶
・フレンドリーで感じのいいスタッフ対応
・良質で「普段使い」も出来るリーズナブルでオシャレなオフィシャルグッズ
・楽しくて美しく季節感も伴うビジョンやLED映像とメッセージを持ち、洗練された音楽
・有料でも高付加価値を持つホスピタリティーラウンジ
 (対応サービスのある飲食・コミュニケーションスペース、無料の場合もある。)



レヴェル3

・サッカー専用スタジアム
 (臨場感を求めるだけではなく、複合施設としての建設が集客などの高付加価値を生み出す。)

 アウトレットショッピングモールや飲食街の併設
 フットボールパークの併設 
 メガストア、サッカーミュージアムの設置
 スタジアムツアー開催



特に、海外の観戦におけるチケッティング対応に関して、
Jリーグとは違う方法のチケット販売やチェックも厳しい場合もあり、多少不安を感じたりすることもあるが、
チケットゲートを無事に通過できると「おもてなし」モードに入るチームも少なくない。
そして、先述したフレンドリーで感じのいい係員の笑顔・挨拶の対応やスタッフの存在で、
慣れない初じめてのスタジアム、個人観戦の不安も一瞬で吹飛んでしまう。。

「日本から来たのか?」
「ひとりで来たのか?」
「席は判るか?」などの声かけは安心でき、実に嬉しい。

1杯のビールも2杯に、グッズショッピングにも財布の紐が緩くなる。

こんなスタジアム体験が出来れば勝負の結果に拘らず、
私たちはスタジアムの楽しかった余韻に浸りながら帰路へつくことができる。
その結果、国内のアウェイゲームの場合には、その街の散策やさらに滞在を伸ばし宿泊し、
美味しい地元グルメ巡りなどへ足が向くようになる。


         「スタジアムの入り口は夢への入り口」である。



Today's My Favorite Song



Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://hommanet.blog106.fc2.com/tb.php/36-ee9989c3
Listed below are links to weblogs that reference
スタジアムを楽しむ。 from A Note From The Composer

Home > Football > スタジアムを楽しむ。

Tag Cloud
2014 Count down

大阪税理士が送るWroldCup

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。