Home > スポンサー広告 > つめりっこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://hommanet.blog106.fc2.com/tb.php/355-1bfc6d4d
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from A Note From The Composer

Home > スポンサー広告 > つめりっこ

Home > Others > つめりっこ

つめりっこ

  • 2012-06-12 Tue 23:57:57
  • Others


川崎 Frontale の掲げる「支援はブームじゃない」というメッセージをご存知だろうか。未だ支援も受けられず、交通インフラも回復されない人里離れた被災地の仮設住宅や集落が多く残されているのだ。そんな地域へ20数回も訪れ、支援活動を続ける日本代表サポーターグループが存在する。その名は「ちょんまげ隊」。私もその趣旨と活動内容に賛同し、遅ればせながら初となる東北被災地訪問へ参加した。それを彼らは東北遠征と呼ぶ。今回の目的はその地への炊き出しと、牡鹿半島にある小中学校への大阪サッカークラブからの激励メッセージとサイン入りユニを届けることにある。再度、「支援はブームじゃない」という言葉を噛み締めながら。

東北3
支援活動前のエール

炊き出し地は石巻・橋浦、気仙沼。メニューは約200人分のお好み焼き、フルーツ、パテシエの作るクレームブリュレなど。お好み焼きは大阪肥後橋 CHANT ご夫妻の陣頭指揮のもと、ボランティアスタッフ全員の一糸乱れぬチームワークで次々と焼き上がっていく。そして、一心不乱にそれぞれの役割をまっとうする。焼き担当、キャベツ刻み、カットフルーツ、子供達大人気の型抜き・シャボン玉・バルーンアート・キックターゲット係りといった風に。バナナの端の切り落とし迄、このスタッフは大事にしてくれた。偽善とはもう呼べない奉仕の感動と喜び、そして集会場全体を包み込むひととひとの連帯が生まれた瞬間に立ち会えたのだった。特に、オーラスのライブ演奏と唱歌「ふるさと」の大合唱には心が震えた。

東北4 東北7
「焼き」と「ふるさと」


南三陸をはじめ、津波で失われた町は今も建物の基礎と大量の瓦礫を残した当時のまま。「被災された方々の未来は本当に見えて来ない。描きようが無い。そんな中で毎日を暮らす方々が何万人も居る。時は流れた。だから尚更、多くの人に現状を見て欲しいと願う。」と、隊長のツン氏は言う。

東北8 東北9


最終日、気仙沼・仮設住宅地での炊き出しも全員に行き渡り、そろそろ撤収にかかろうとした頃、現地のご婦人達からボランティアスタッフ全員に「心ばかりの地元郷土料理を振舞いたい。」との申し出があった。勿論、お気持ちだけを頂き、丁重にお断りしたのであるが、時既に遅く、湯気がもうもうと立ち込める大鍋が運ばれて来てしまった。

東北

それは「つめりっこ」と当地で呼ばれるすいとん、或いはワンタンに似た小麦粉の練り物と豚肉や油麩、蒲鉾、そしてニンジン、ゴボウ、ダイコン、ネギなどの野菜がふんだんに入る素朴な醤油仕立ての郷土汁だった。もうそこまで来た以上、ご好意に甘えるしかない。やさしい香りと味が空きっ腹と心に沁みた。「美味しいか?」と問われても、湯気で曇った眼鏡でその奥の今にも溢れ出さんばかりの想いをひたすら隠しながら、その温かさに胸が詰まって言葉が出ない。ただただ無言で頷くだけだった。現地では未だ大事な食材であり、時には命と引き替えになるくらいかけがえのないものを皆で分かち合う人間性には心より敬服せざるを得ない。

「つめりっこ」は別名「はっと」とも呼ばれ、毎年12月初旬に全国のはっとに似た料理が集まる「全国はっとフェスティバル」が開催されていると世話人さんには聞いた。今回の体験で自分にとっての「つめりっこ」はもう CHANT のお好み焼きと並ぶ、生涯の「HOME」料理になってしまった。どんなに高級な美食であっても太刀打ちのできない心の味なのだ。

東北11



集会場へご来場頂いた参加者の年齢層は幼子からご老人と幅広く、普段の核家族単位のふれあいとは別格。これぞ地域のコミュニティーだ。そして、生に対する底知れぬひとの強さに驚きを隠せない。交流できた子供達の元気さや住民、スタッフの笑顔が美しかった。iPod がなくても私の脳内には愛に溢れる音楽が響き渡る。美しいものには心の調べがよく似合う。

東北6




Today's My Favourite Song



Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://hommanet.blog106.fc2.com/tb.php/355-1bfc6d4d
Listed below are links to weblogs that reference
つめりっこ from A Note From The Composer

Home > Others > つめりっこ

Tag Cloud
2014 Count down

大阪税理士が送るWroldCup

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。