Home > スポンサー広告 > World Cup Group A

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://hommanet.blog106.fc2.com/tb.php/25-fbac875e
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from A Note From The Composer

Home > スポンサー広告 > World Cup Group A

Home > Football > World Cup Group A

World Cup Group A



サッカーを満喫できた素晴しい夜だった。仮眠、TV観戦、仮眠、TV観戦、ブブゼラではなく鳥の鳴くなか就寝。
これが連日続くと思うと少々キツイ。

再認識したが、観戦者がサッカーを楽しめる本質はゲームの質とGoal。パーフェクトな内容でなくとも良質の個人技術・身体能力・判断力、チーム戦術・戦略そして,それらのチーム全体における共通理解度など、多少のミスを上回るこのような要素がゲーム中に織り込まれていれば、優良なエンターテイメントに成り得る。

つまり、多くの観客が試合の余韻に浸りながら、酔いも醒めないうちに帰路に着ける。サッカーという競技は選手達の技術を伴う躍動感・動きの質、守から攻へのそしてGoalへ向かう推進力、チームのまとまり、これらがピッチ上で表現出来れば様々なアートにも引けは取らない。



南アフリカvsメキシコ(1-1)の簡単な感想。

充分に楽しめたが、勝ち点3をどちらも取り逃がした試合。55分、南アフリカ・チャバララのスペースへ抜けるコース取りと突破スピード、ゴールへ顔を上げなくても右隅へ左足を振りぬいた脅威のフィニッシュはワールドクラス。79分、メキシコ・マルケスが左からのパスをフリーで受け冷静に判断し、瞬時に右足首の角度を微調整して右上隅へフィニッシュ。何気なくみえて落ち着いた素晴しいゴール。


他の選手では、
南アフリカ(ピーナール)、メキシコ (アギラル・サルシド・ロドリゲス・ドスサントス・ベラ・ブランコ)等の活躍が秀逸だった。


ウルグアイvsフランス(0-0)の簡単な感想。

ウルグアイ応援のため(後半出場の未熟者ロデイロ退場後)、時間ばかりが気になったが、ウルグアイのゲームコントロールのうまさ・守備の技術の高さ・戦術が光った狙い通りの試合。個人的には思い切り「してやっり!」。
3バックシステムには否定的であるが、チーム戦術として機能しており良い見本と思いながら観戦した。しかし、これもフォルランの存在のおかげである。個で突破でき、キープがうまく、フィニッシュまで行けるFWは貴重である。とにかく、フォルランへボールが入りさえすれば簡単に攻撃へのスイッチがONになっていた。特にボールコントロールが素敵すぎる。

他の選手では、ウルグアイの8人(?)のDF陣全てが活躍。フランスは個の技術の高さ、フィジカルの強さが顕著でエブラ・サーニャ・リベリー・トゥララン・マルダ・グルキュフが厄介だった。



Today's My Favorite Song


Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://hommanet.blog106.fc2.com/tb.php/25-fbac875e
Listed below are links to weblogs that reference
World Cup Group A from A Note From The Composer

Home > Football > World Cup Group A

Tag Cloud
2014 Count down

大阪税理士が送るWroldCup

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。