Home > スポンサー広告 > 遠征3連戦

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://hommanet.blog106.fc2.com/tb.php/245-c1d67654
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from A Note From The Composer

Home > スポンサー広告 > 遠征3連戦

Home > Football > 遠征3連戦

遠征3連戦



鹿島・清水・横浜と遠征3連戦、Cerezo は勝ち点1を上げただけのほぼ最悪の結果で終わった。本来の持てる輝きを放つことなく帰阪する。今季、夏場(7・8月)の戦績はこれまで4勝1分5敗、昨年は7勝2分1敗であった。勝利数の減少がそのまま負け越し数となっている。

マリノス セレッソ ニッパツ



横浜は Cerezo のサッカーを完全に分析し、対策を施していた。前半、堅い守備ブロック網を形成し Cerezo 両サイドバックが起点なることまでは許していた。クロス対応もハイボールに強い中澤、勇蔵両選手が撥ね返すだけのこと。まずは Cerezo サイドバックの縦突破を許さずDelay、間に合えば2対1の守備数的優位を作る。そして、判断の遅れた酒本、丸橋からボール奪取を狙う。出来なければ横浜守備陣は虎視眈々とインターセプトを狙い続け、奪った瞬間、単純に小野裕二選手をターゲットにした。小野がタメを作り緩から急へ、攻守の切り替えをトップスピードで行い、2列目3列目がシンプルな攻撃へと転じる戦術だ。
ところが小兵・小野が進化していた。茂庭、大海のの後方からのチャージをもろともせずに完璧にキープ・ターンし、さらには突破を図った。おそらく体感の強化とターゲットとなる簡単に奪われない技術の向上に取り組んだのであろう。もともと高い技術とスピード、闘争心は敵ながらアッパレの感が強かった選手である。彼が大人のプレーと精神を習得してしまったら手に負えない選手に育つことは間違いない。反面、敵である以上、ヤンチャ坊主のままでいてくれるとカードも含め、助かることも否めない。複雑である。Cerezo は攻撃テンポの変化を行えず、横浜は緩急のダイナミックスが大きかった。勝敗の差はそこにもある。Cerezo は相手の体勢が整う前にカウンターで足元に不安を抱える両 CB を慌てさせたかった。

マリノス セレッソ ニッパツ2


後半、木村監督はちゃぶる精神に色気を見せたのか、キム・クナン、渡邉千真両選手を投入する。これが前半良かった横浜の戦術に中盤構成力とプレスの明らかな劣化をもたらした。その結果、両チームのコンセプトが見えにくい大雑把な試合展開に終始する原因となった。その変化は Cerezo には有利に働いたが、雨中の観戦者にはサッカーの醍醐味は全く与えることは出来なかった。

また、横浜は下部育ちの選手が先発出場に多くの名を連ねる。飯倉大樹、栗原勇蔵、金井貢史、谷口博之、中村俊輔、長谷川アーリアジャスール、小野 裕二選手と他を経由したものも含め7名。首位戦線を争うチームとして大成功しているといえる。Johan Cruijff の唱える 8+3 が実現しようとしている。8+3 とは8人のクラブ育成選手と3人の強力補強選手でチーム構成をするというものだ。一方のCerezo は丸橋祐介、扇原貴宏、山口螢の先発3名と後半出場の杉本健勇。育成からプロへのプロセスでも横浜を圧倒したい。

横浜にはこれでホーム・アウェイと鹿島に続くダブル負けを喫した。ダブル敗戦は勝ち点制度のリーグ戦にはご法度事項であることはいうまでもない。各国リーグの特に下位チームは上位チームに対し、勝ち点1であっても奪い取り、ダブル回避のために熾烈な戦いを挑むのだ。今後も大宮、磐田、名古屋 、神戸とダブル負けの脅威に晒され続ける。




ところで遠征での楽しみのひとつと言えば、各スタジアムの地域色を生かした様々なグルメだろう。そのクラブやスタジアムの情報でしっかりと予習していくわけだが、こればかりは実際に目の当たりにしてみないと判断は難しい。売店スタッフの接客、見栄えや香り、清潔感やディスプレーなどの要素で食欲も大きく左右される。その中でも今回ひときわ目を引いたのはカシマ名物モツ煮。20店近くあると思われるモツ煮込みの看板を掲げている売店のなかである一店舗だけ夏の暑さもどこ吹く風、断トツの人気を誇り、長蛇の列を作っていた。それはメインスタンドコンコース、鹿島食肉事業共同組合である。1杯500円。並んでいる鹿島サポーターのひとりに理由を聞くと、「天下一品の味。全部食べてみたけど、ここのが最高!」との明るい答え。スタジアムの好感度は食にあるとも言える。

鹿島スタジアムグルメ 2 鹿島スタジアムグルメ



カシマサッカースタジアム、アウトソーシングスタジアム日本平、ニッパツ三ツ沢球技場を始め各スタジアムの HPではスタジアム案内に座席ガイドとして各カテゴリーからの景観写真を見ることができる。初めての慣れないスタジアムにはチケット購入の決め手に親切なサービスである。キンチョウスタジアムではさっぱり見つけられないが、何処かに潜んでいるのだろうか?


東京は現在、雷鳴と激しい降雨に晒されている。




Today's My Favourite Song




Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://hommanet.blog106.fc2.com/tb.php/245-c1d67654
Listed below are links to weblogs that reference
遠征3連戦 from A Note From The Composer

Home > Football > 遠征3連戦

Tag Cloud
2014 Count down

大阪税理士が送るWroldCup

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。