Home > スポンサー広告 > 夏の嵐

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://hommanet.blog106.fc2.com/tb.php/242-f1fee84f
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from A Note From The Composer

Home > スポンサー広告 > 夏の嵐

Home > Football > 夏の嵐

夏の嵐



今年の夏は例年に比べ蝉の声が少ないと感じていたが、昨日は久しぶりに蝉の BGM で目覚めた。そして、窓を開けると雨の匂いがした。小一時間もしないうちに街の上空に巨大UFOが舞い降りたようにあたりが一瞬暗くなった途端、突然バケツをひっくり返したような雨が襲い掛かってきた。それは街のすべての騒音を掻き消した。緑の木々、駐車場の屋根、アスファルト、ガラス窓に太い雨粒が降り注ぎ、その無調で迫りくるリズムの攻勢はまるで作曲家 Arnold Schönberg とSteve Reich のコラボを聴かされているかのようだった。しかし、水無月生まれのせいか私は雨を全く苦にしない。夏の嵐でさえ豊かな情緒を与えてくれる。

夏の嵐
映画『夏の嵐』(1954 イタリア)
監督 Luchino Visconti 音楽 Josef Anton Bruckner 交響曲第7番ホ長調、Giuseppe Verdi 「 Il Trovatore 」





厳しい夏場(7、8月)を闘う Cerezo のゲームはここまで4勝4敗1分のイーブン。総得点20、総失点15。
これを試合後半だけで見ると11得点11失点となり数字上では後半の弱さは顕著に表れてはいない。しかし、負け試合に限定するとやはり4得点9失点となっている。試合現場の印象では体力を消耗し、集中力の落ちた時間帯での早い攻守の切り替えを怠った時、失点やピンチに繋がっていると分析する。

8月17日の鹿島アントラーズ戦(カシマサッカースタジアム)でもボールを奪われた直後の1stDFの決定・対応、チャレンジ&カバーの遂行に瞬時の躊躇と局面での守備戦術の不徹底が見られた。54分の失点は倉田がボールを奪われ、何故か黄紙を貰わないフェリペ・ガブリエル選手から大迫選手へ。その時点で Cerezo は5対4の数的優位であった。しかし、倉田は転んだまま、ボランチ・ボギョンは前掛りになった左サイドのポジション。そこから二人はジョグスピードで戻る。中後の前で2対1を作られ、大迫のドリブルに対し、中後は仕掛けることもなく下がるだけ。右足のアウトで持ち出されクリーンシュート。

結果論だが、相手左サイドへ意図的に出させていれば相手の力量から見ても失点までは結びついていなかっただろう。打たれた瞬間、中央にいてマークを受け渡した扇原は身体も張らずボールから逃げているし、ともあれその前に危機を察知したポジショニングに最善の注意を払うべきではなかったのか。間合いや利き足のケアがもう少しでもあれば、あれほど見事なシュートは打たれていないはず。何故なら、時間的・空間的余裕を与えないかぎり、正面バイタルといえども守備人数の多さからもコースを狙い澄ました正確で強いシュートはそうは簡単には打てないからだ。それにしてもGKやCBからの中後へ対するコーチングはあったのだろうか?それが問題だ。

73分の失点はボギョンのミスに尽きるが、繋ぐサッカーがコンセプトなら無駄にボールを失うことなく、狭くとも後方でのポゼッションを選択したボギョンの判断は間違っていない。守備陣が苦しい時に動きを止め、前で受け助けようともしなかった攻撃陣の方が問題である。勝負どころや凌ぎきりたい時間帯で身体も頭も自主的に休ませる典型的なプロ失格選手の存在は弁解の余地すらない。ならば、「永の暇を申しつくる」と謂わざるを得ない。

プロであるならばどんな不利な状況であっても最後の最期まで最善を尽くし、全国のサッカーを志す少年や指導者たちに感動や驚愕、光明をもたらす義務がある。でなければ、試合にわざわざ足を運んでもらえる動機は芽生えない。集客にはクラブの営業戦略と選手のプレーの質が重要であり、数字に大きく反映される要素であることには間違いない。試合は興行のメインディッシュなのだから当然のことである。




ところで鹿島アントラーズはスーパークールビズ対策として夏の公式ウェアを「鹿島アントラーズ×NEWYORKER×EDWINトリプルコラボデニム」スタイルを採用していた。当日もNEWYORKERの即売テントが出て、老若男女で賑わっていた。アウェイのADを首から下げた私にも積極的な販売を仕掛けてくる。思わず買いそうになったが、そこはピンクの矜持!やっとの思いで留まることができた。

このジーンズは選手・監督・スタッフに至るまでほぼ全員が着用している。価格は2万1,000円。素材、デザイン、価格の妥当性に関しての論評は控えるがオフィシャル・グッズの普段使いや仕掛けという点では GJ!

鹿島アントラーズジーンズ オリベイラ 鹿島アントラーズジーンズ
オリベイラ監督も着用&尾錠付き

そして、今年のオフィシャルスーツはブラック。2009年はネイビー、2010年はグレーらしいが毎年色違いモデルとは着る側にしてみれば嬉しい話だ。価格は93,450円(税込)。微妙な価格帯ではある。ちなみにタイはバーガンディーの無地で 11,550円(税込)。

http://www.so-net.ne.jp/antlers/supplier/newyorker/

そして、もうひとつ。今年から新設された「SUITE BOX」という個室を見学できた。欧州のスタジアムでは定番のテラス席付き VIP ルームで、最高で18名様まで入れるという。ドリンクはフリー、食事はルームサービス(有料)か持ち込み可能。料金は1部屋 180,000円(1試合 / 税込)。 現在は「SUITE A」と「SUITE B」の2ヶ所を開設している。駐車場4台分付き。


鹿島アントラーズSUITE BOX 鹿島アントラーズSUITE BOX3 鹿島アントラーズSUITE BOX2
「SUITE BOX」の内部&テラス席

鹿島アントラーズSUITE BOX4
「SUITE BOX」からのビュー


今日の東京はすでに雨は上がり、湿度の高い曇天だ。日本平の天気予想では気温 24°C、 湿度 83% 、北東の風 4 m 、 傘マーク付きの曇りとなっている。日程的に不利なコンディションを克服してプロの矜持をエスパルス戦では見せ付けて欲しい。これから日本平へ向かう。


追記
後日、あらためて詳細を述べるが、ヴァンフォーレ甲府で辣腕を振るうグッズ担当者・井尻真理子さんの存在を知った。そして、初めて共感できるひとが現れた!気になるクラブ創りを目指すためにも、選手の移籍だけではなくスタッフの人材にも目を向けるべきであろう。





Today's My Favourite Song


Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://hommanet.blog106.fc2.com/tb.php/242-f1fee84f
Listed below are links to weblogs that reference
夏の嵐 from A Note From The Composer

Home > Football > 夏の嵐

Tag Cloud
2014 Count down

大阪税理士が送るWroldCup

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。