Home > スポンサー広告 > You'll Never Walk Alone . 後編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://hommanet.blog106.fc2.com/tb.php/173-3fad04a7
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from A Note From The Composer

Home > スポンサー広告 > You'll Never Walk Alone . 後編

Home > Music > You'll Never Walk Alone . 後編

You'll Never Walk Alone . 後編

  • 2011-04-07 Thu 14:25:01
  • Music


何故、"YNWA" は歌われるのか? 
 
この曲が愛される理由のひとつに、我々が一つになって戦うという歌詞の内容がサポーターの心を鷲掴んでいることには間違いないが、、個人的には要素はそれだけではないと考えている。それは、ロックにあるまじきウェットな弦アレンジまで施されたややもすると昭和的、サンレモ的?Ballad な曲調と1955年の大ヒット、アメリカのR&Bグループ The Platters 「Only you 」の歌唱を意識したような Vocal、Gerry Marsden の甘く切ない歌声にある。他の曲も聴いてみると、この辺の音域は本人も自信たっぷりな上に、多少の自己愛を感じているらしく、聞き手には心地よく、本人には歌って売れて二度美味しいはず。

勿論、Gerry & the Pacemakers のカバーヒットで世間により浸透し易い身近な存在になったことは言うまでもないが、オリジナルのかなり難易度の高い、聖歌にも聞こえなくはない Musical 特有の気高いメロディーが3連の曲調になったことで、リズムを感じ易く、聴き易く、歌い易く、とっつき易く、平安なラブソング風に、しかも使用和声までもポピュラー化されたからこそ、"Supporter's Song"として多くのサッカーファンにより愛着を持たれたのではないだろうか。オリジナルの持つシチュエーションや曲の本質は損なわれてしまっているが、やわになった分、多くのひとの琴線に触れ易くなったのであろう。音楽そのものとしては原曲を支持したいのだが・・・       

三連符
3連符

3連( Triplet )とは、1拍を3等分し、3連符を用い表したもので、ミドル・スローテンポ曲においてのロック表現では 、rocka ballad・slow rock とも呼ばれる。一般的に 4/4、8/12拍子で書かれる。もっと簡単にいえば、4/4の場合、1小節を「タタタ・タタタ・タタタ・タタタ」と、その変形も含め、リズムを感じ取れば理解しやすい。60年代の American pop ( Oldies )や Italian pop によく見られる曲調であり、3連アルペジオのフレーズが何かしら入ることが多い。今、ざっと思いつくだけでも、「Unchained Melody 」( Righteous Brothers )、 「Where the boys are」(ボーイハント Connie Francis )、「The House of the Rising Sun」( 朝日のあたる家 The Animals )、「Mr. Lonely」( The Lettermen )、「Non Ho L'età 」( 夢見る想い Gigliola Cinquetti ) など、なんだか不必要にノスタルジックで切なく感じられる曲が多い。昭和歌謡曲&J popにも幾多の3連の有名曲が存在する。

そこで簡単に曲解説をすると、 Key は C Major、最低音は C 、サビの最高音は G の 1 octave と5度のレンジで歌われる。A メロ 8 小節目で G-Gm と臨時転調し、B メロで旋律の小山を作り、B♭-Am-Gm-F-E (ここが好き)-C7と進行し、C メロへ。心地よくメロディーを上昇させ盛り上げながら、サビへ突入する。近い音域を保ったまま経過音も交え、Ne-ver- Walk- A-lone-(ミ~ミ~ミ~ミ~ミ~~~)、ラスト音をたっぷりとテヌートし 、最高音を使ったYou'll Ne~ver Walk A-lone と octave 下がった G の音で終わっている(リピート回は普通に C で終止)。この E 音のテヌートとフレーズラストの G 音が何とも Musical ぽい。



毎年夏、ロンドンで Royal Albert Hall を中心に開催される8週間におよぶ世界最大のクラシック音楽祭、2010 The Proms のラストナイトでも、英国中の全会場で15曲目に大合唱された。
http://www.bbc.co.uk/proms/2010/gallery11/

BBC Proms 2010
BBC Proms 2010


10年程前の夏、今回の津波で被害に遭われた地域をくまなくドライブ旅行をしたことがあった。東京から北海道まで一般道だけを使い、サッカースタジアムとクラブチーム、名門・強豪校とついでに野球場を訪ね歩く、1日のノルマもトータルの期間も何にもない行き当たりばったりの道行きであった。基本的に海沿いの道路を選び、美しい景観と地元の海の幸とゆったりとしたうつろいを満喫しながら、日の出と共に動き出し、日没が近くなると宿探しの、常に潮の香りを感じられる日々を過した。震災後のニュース映像であの美しかった当地の無惨にも変わり果てた姿を見るたびに、永遠の平和な日常は約束されたものではないと痛切に実感させられる。

こんな時、スーパーな力を持たない限り、単なる音楽家は見守るだけで完全に無力になってしまう。しかし、自己との激しい葛藤の中からしか良い音楽は生まれて来ないことも知っている。また、明けない夜はないことも。いつかは必ず音楽が必要になる時が来るはずだ。生きることに正面から立ち向かい、押し寄せる煩悩や雑念を吹き飛ばし、無心で音楽と刺し違えたい。不条理に対し、決して無条件降伏はしない。

大作曲家Richard Rodgers は人類に希望の光をこの曲で確実に与えている。及ばずとも自分のなすべきことは微力ながらそこにある気がする。ひとがくじけそうになる時、その心の支えになり、人生の糧となるべき良曲の高い頂を目指して登る。だから、ドサクサ紛れでも何でもいいから "YNWA"にも負けない National Anthem 作曲に生涯挑戦することを決めた。

そして、1日も早く日本の全国民に平等に春が訪れることをただただ今は祈り続けるだけだ。




Today's My Favourite Song


Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://hommanet.blog106.fc2.com/tb.php/173-3fad04a7
Listed below are links to weblogs that reference
You'll Never Walk Alone . 後編 from A Note From The Composer

Home > Music > You'll Never Walk Alone . 後編

Tag Cloud
2014 Count down

大阪税理士が送るWroldCup

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。