Home > スポンサー広告 > 不動如山

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://hommanet.blog106.fc2.com/tb.php/151-0f39b167
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from A Note From The Composer

Home > スポンサー広告 > 不動如山

Home > Football > 不動如山

不動如山



大腿4頭筋肉離れ。思い切り凹んだ。
「FUJI XEROX SUPER CUP 2011」が行われた日産スタジアムの急勾配が原因。理由はともかく、リスクマネージメントを疎かにした「愚か者」が自分の心の中に潜んでいた。自省。



孫子の兵法に、「其疾如風、其徐如林、侵掠如火、難知如陰、不動如山、動如雷霆」という1節がある。
軍の進退について書かれたものであるが、その中でも「不動如山」という部分、Cerezo のスタジアム演出にも同様の考え方をしたい。つまり、「勝っているチームは変えるべきではない」のだ。選曲でいえば、GK・FPウォーミングアップの曲。これらは2009 J1昇格、2010 リーグ3位・ACL 出場にツキをもたらしたと考えるべきで、その縁起を今季も担ぎたい。


The winning team will not be changed in .



FPWU

もしも運悪くチーム戦績が停滞するようなことがあれば、その時はリフレッシュすればいいだけの話。ちなみに、今年もライブ映像などのBGMを公募する。近日中に、Cerezo オフィシャルサイトにアップされる予定。是非、ご協力頂きたい。



しかし、その反面、ブランド・マネージメントにおける最重要なもののひとつに「伝統は革新の連続である」という原理原則がある。クラブの永続性と革新性は、そもそも背反するものなのであるが、チームは時代の流れを読みつつ常に前進することを忘れてはならない。見たいチーム、気になるクラブであり続けるにはイノベーションはけっして欠かすことのできないものである。

そして、我々はクラブ、サポーターが一体となった大いなる「結束力」をストロングポイントにし、その上で常に新しい仕掛けを習慣にしなければならない。そこで、Cerezo 応援歌 「POWER & THE GLORY」を2コーラス目からアカペラで歌う試みが、昨日の演出ミーティングにおいて全員一致で了承されたことをご報告したい。さらに、昨年までの Anthem 斉唱アーティストの出演は長居スタジアムと KINCHO スタジアムでの特定試合のみに限定する。アーティスト出演のない時はサポーター全員でスタジアムに地響きを起こすような歌声を結集させよう!

パワグロは3月2日 ACL・FC Arema Indonesia 戦から、Anthem は3月12日ホームゲーム初戦、高木まひことシェキナベイベーズが出演予定のため、4月2日ジュビロ磐田戦からの実施となる。なお、この変化においてもHP告知、場内アナウンスなどで、より多くのお客様に認知して頂けるようにインフォメーションする予定である。

高木まひことシェキナベイベーズ
高木まひことシェキナベイベーズ


「茶道は単にお茶を点てるだけでなく、茶室の設計内装や掛け軸、生け花から料理、菓子、踊りなどの接客余興まで、お茶を楽しむための全てが演出されている。」と聞く。サッカーも斯く在りたい。



Today's My Favourite Song


Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://hommanet.blog106.fc2.com/tb.php/151-0f39b167
Listed below are links to weblogs that reference
不動如山 from A Note From The Composer

Home > Football > 不動如山

Tag Cloud
2014 Count down

大阪税理士が送るWroldCup

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。