Home > スポンサー広告 > マイレージ、マイライフ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://hommanet.blog106.fc2.com/tb.php/146-4b765eee
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from A Note From The Composer

Home > スポンサー広告 > マイレージ、マイライフ

Home > Movie > マイレージ、マイライフ

マイレージ、マイライフ

  • 2011-02-25 Fri 10:54:22
  • Movie


先週、3日間でフライト4便の強行軍だった。
この移動で肩がパンパンに張り、首もストレスで回らない。

疲れた身体をシートに深く沈め、半分ウトウトしながら南瓜頭状態のまま、、映画 「Up in the Air」 (2009、マイレージ、マイライフ)の George Clooney (1年の300日以上を出張で全米中を飛びまわる生活を送る解雇宣告人役)は本当にタフだったなあ、と真面目につまらん感心をしてしまったぐらい、映画の虚構と現実の判別すら不可能になっていた・・・さすがにキツイ。


マイレージ、マイライフ jason reitman Rolfe Kent
監督 Jason Reitman 音楽 Rolfe Kent



17日、Cerezo 宮崎キャンプを訪れ、選手への「メディアトレーニング」のために、講師・フジテレビ・スポーツ局、某敏腕プロデューサーをアテンドして羽田ー宮崎。会場で日本プロサッカー選手会(JPFA)スタッフにも遭遇。そして、久しぶりの、Cerezo の選手たちはみんな頗る元気そうでひと安心。ACL 制覇、J リーグ優勝に期待したい。

翌朝、帰京のため逆区間。しかし、使用機が被雷したそうで、1時間半の遅れ。一刻も早く横になりたくて、休める場所を探しに空港内をくまなく散策したところ、3Fの目立たない所にひっそりと佇み、タイ古式マッサージと書かれた少し妖しげな看板が目に飛び込んで来た。


この手のマッサージサロンはスポーツマッサージと違い、リラクゼーション的要素の高いオバ様専用サロンといった勝手な先入観があり、これまでは極度に敬遠していた。それでも疲労には勝てず、その店のドアを静かに開け、中をこっそり窺ってみると、営業開始時間はとうに過ぎているにも関わらず、お客ゼロ、従業員見当たらず。やっぱり、ちょっと妖しい。初体験は何事も胸が高鳴り、そして、 緊張する 。それでも思い切って声をかけてみると、簡素なカーテンでいくつかに仕切られたひとつの個室の奥から、寝癖頭の愛想のない大柄で新宿二丁目の早朝に見かけそうな肉食系タイプの若い女性が、なまりのある不機嫌な声で「コースは?」と唐突に聞いてきた。一瞬、耳を疑った。まさか、日本初の空港公認風俗サロンの午前営業?宮崎は何時の間に進化したのか?宮崎は観光立国日本の超最先端を走り出したのか?これはあまりにも画期的過ぎはしないだろうか?東国原元知事のお手柄?疲れ切った脳内は暴走、妄想、焦燥。

我に返るとまだ、コース選択の回答が残されていた。暫し躊躇。フルコースは2時間あるいはそれ以上とある。最終搭乗手続きまでの時間を素早く逆算し、出した答えは思わず、「ショート!」。「???」。結局、無難に40分を選択したが、先ほどの不安は唯の杞憂に終わり、残念なことに何の変哲もない通常のマッサージの施術だった。

しかし、担当者は最初の女性とは雲泥の差で、終始にこやかな、小柄で、優しそうで、ふくよかな日本人女性だった。そこでまたしても新たな疑問が。何故、タイ古式と謳っているのに施術はタイ人ではないのか?しかし、タイ式ボクシングでも日本人はいるし、同じようなものか、などなど。またも、つまらん屁理屈で至極納得。

癒しのBGMが静かに流れる中、施術は快適なストレッチングも含んでいるものだった。さらに手指、足指、耳などを引っ張り、指関節をほぐし、首・肩のツボを押し込み、背中を踏み、身体を回転させ、背中を弓なりに曲げる。思いがけない苦痛と程好い快楽は、束の間のパラダイスであった。

その結果、ぼやけていた視界が拡がり、身体全体でしか後ろを振り向けなかったのが、首だけでも可能になり、身体中の全ての緊張が解き放たれたように感じた。これで機内での読書もやる気充分。帰りしなに施術担当の女性に質問、「タイで勉強したの?」「いいえ、宮崎から出たことありません。」その途端、J・F・K 国際空港ターミナル内から一歩も出ることが不可能になった Tom Hanks 主演の映画 「The Terminal 」 (2004)の映像が鮮やかに脳裏に浮かび上がった。


The Terminal StevenSpielberg John Towner Williams
監督 Steven Spielberg 音楽 John Williams



そして、やっとの思いで羽田へ。当日予約の伊丹便も何とかキャンセルすることなく、Touch-and-Go。
堺 NTC での YANMAR CM 撮影立会いも無事終了し、日付の変わらない時間にいつもの Bar 。たまたま古酒のスペシャルセール中で 普段、手の届かない高級酒が驚くようなリーズナブル価格。値段に釣られて3種類も痛飲。懐があっという間に淋しくなった。

翌朝早々に帰京し、YANMAR CM の作曲開始。曲調はアジアを席巻するポテンシャルの高い小型エンジン搭載のサッカー選手をイメージしたもの。この曲は弦がアジリティー、合唱が広大な大地、金管が力強さを表現している。

23日夕刻、自分のホームと呼ぶべき都内大スタジオで関係者立会いのもと、CM曲の Mix が完了した。3月2日長居スタジアム ACL 緒戦、vs FC Arema Indonesia にて初公開する。乞うご期待。



Today's My Favourite Song






Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://hommanet.blog106.fc2.com/tb.php/146-4b765eee
Listed below are links to weblogs that reference
マイレージ、マイライフ from A Note From The Composer

Home > Movie > マイレージ、マイライフ

Tag Cloud
2014 Count down

大阪税理士が送るWroldCup

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。