Home > スポンサー広告 > 噛めば噛むほど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://hommanet.blog106.fc2.com/tb.php/108-d500e4d0
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from A Note From The Composer

Home > スポンサー広告 > 噛めば噛むほど

Home > Others > 噛めば噛むほど

噛めば噛むほど

  • 2011-01-18 Tue 10:53:20
  • Others


食事中に口の中を頻繁に噛む。脳天に雷が落ちたかと思うほど衝撃的にガブっと思いっきりやってしまう。それも黙々と旨いものを食ってる時に限ってだ。がっつき過ぎが問題かなぁ~と一応反省をしてみたりしたが、余りにも頭にくるので調べてみた。

で、あるわあるわ。その中で東洋医学によると、唇を噛む時は胃・脾臓の、頬の内側を噛む時は肝臓・胆嚢の、そして、舌を噛むのは腎臓・心臓の異常があるというではないか。唇も頬の内側も舌も全部噛む奴はどうすればいいのだ。そうだとすれば、自分の身体のまともな所を数えた方が早いくらい、内臓があちこちヤラレていることになる。
他にも原因が、噛み合わせ・歯並び・顎関節の悪さ、疲労、肥満にあると言う。おいおい、全~部持ってると自慢したくなるぞ。どっから手を付ければいいのか悩んでしまう。特に肥満は口の中も太り、肉がたるんでくるからだ、と。はたまた薬剤師・心理カウンセラー の先生は自律神経失調症だとも言うし、さらに、歯科医はそれは加齢現象で集中して食事をとるように!と、言われても歳は改善できないし、何!集中~っ???サッカーじゃあるまいし、そんな馬鹿な・・・

噛めば噛むほど味が出ると言うが、こっちは噛めば噛むほど血の味がして、痛みが出る。そして、腫れて口の中が大火事になる。噛噛ほど味が出ると一般的に言われる代表選手、スルメは寿留女と書く。寿留女とは、結納の時に用いられる品の一つで、幸せな家庭を作る女性をあらわし、結婚生活が仲良く末永く続くようにとの願いが込められているものだ。干物、保存食、長持ちするという印象から、寿を齧る女?スルメをカジりながら一生、結婚生活を送る女性のことかと一瞬見当違いしたが、正しくは寿を留る女の意。失礼ながら、噛めば噛むほど味が出るオンナ=スルメ女は何だかちょっと臭いも含めて厄介な感じもするのだが、噛めば噛むほど味が出るベテラン選手はこの上なく得難いものだ。Cerezoで言えば、播戸(31)・茂庭選手(29)がその象徴である。

播戸茂庭


優良ベテラン選手の最も大きな特徴は多くの宝物のような経験を持つことであろう。日本代表や強豪クラブで膨大な成功・失敗を重ね、培ってきた経験則は何物にも代え難い。試合毎の微妙な変化を「肌で知っている」選手が多いチームは強い。そんな選手たちは試合日の天候や気温、湿度、ピッチ状態、チーム状況を肌で、見た目で、触れた感触で感じ取って、ゲーム・コントロールを微調整し、対戦相手がどこであっても自チーム能力を生かしたまま、常に安定したゲームを作り、勝利へと導くことができると言われている。これらによるゲーム効率の向上は、「職人の勘」や「匠の技」という言葉で表わされる。

しかし、サッカーにおいても語る言葉を持つこと、伝える言葉を持つことができて、初めて有効な経験知と言えるのではないか。特に、欧州強豪クラブの選手は、インタビューにおいて想像や情報を知識として語るだけではなく、チームコンセプトの理解力や習得した技術力をゲーム中にどのように実践し、どのような試合の流れになって結果をだしたかを理路整然と、しかも試合を見ることができなかったファンにも理解できるように表現することができる。

昨年6月から始めたこのブログも、単なるボケ防止対策のためだけではなく、人生経験を通じて得た知識や感性を言語化、一般化することにより、体系的に自己の現状確認や向学動機を図ろうとするものである。今年のブログネタとしてもベテラン選手には数多く登場して欲しい。走れ、バン!吼えろ、モニ!



Today's My Favourite Song






17日、18日朝日新聞、地域密着の鏡・「川崎フロンターレ」「スポーツのある街」の記事、併せて読むべし。


アジア杯、vsサウジアラビア 5-0。緩すぎたゲームで、次戦vsカタールの試合への入り方を危惧する。内田選手のカードは余計、怪我人が出なかったことだけが救いだ。キレキレの真司と代表の厳しい守備を切望する。

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://hommanet.blog106.fc2.com/tb.php/108-d500e4d0
Listed below are links to weblogs that reference
噛めば噛むほど from A Note From The Composer

Home > Others > 噛めば噛むほど

Tag Cloud
2014 Count down

大阪税理士が送るWroldCup

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。