Home > スポンサー広告 > スマトラウサギ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://hommanet.blog106.fc2.com/tb.php/105-431932ba
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from A Note From The Composer

Home > スポンサー広告 > スマトラウサギ

Home > Football > スマトラウサギ

スマトラウサギ



Cerezo大阪は2011ACL・Group Gでインドネシアのアレマ・マラン( Arema Malang)と対戦する。最近、そのせいかインドネシアという国名に敏感になってしまっている。昨年12月28日、朝日新聞に「幻のウサギ 助けたい」の記事を目にした。

世界自然保護基金(WWF)ジャパンは、国際自然保護連合(IUCN)が絶滅危惧種に指定している、「幻のウサギ」と呼ばれるスマトラウサギがすむインドネシア・スマトラ島の森を植樹・再生させるプロジェクトに取り組む。1985年から2007年の間に、過度あるいは違法な伐採や農地への転換などにより、少なくとも48%の森林が失われた。スマトラ島の森林を保全することは、スマトラウサギだけでなく、絶滅の危機にあるスマトラサイやスマトラトラといった希少動物の保護にもつながる、とあった。
WWFジャパン公式サイト http://www.wwf.or.jp/

インドネシア国立公園

スマトラウサギ
スマトラトラ
スマトラサイ


我々は、我々が起こした、我々の美しい星への、環境破壊に対し、地球の未来のために、これまで以上の意識と疑問を持つことが大切である。アウェイ戦でインドネシアを訪れるのであれば、唯の応援や物見遊山だけではなく、インドネシアの現状を把握し、これを機にWWFの提唱する「地球温暖化を防ぐ」、「汚染を防ぎ資源を守る」、「野生生物を守る」、「森や海を守る」ということをもう一度、再認識したい。そして、現在、JリーグCerezoに提案中の「1Save 1Goal」というアクションも、同じ意義を持つ。試合中のひとつのゴールやスーパーセーブ、ディフェンスの感動を一本の植樹の形としてあらわし、サッカーとエコ意識をより身近に結びつけたい。自分に出来ることからすぐにでも始めようと思う。



ところで、インドネシアには歴史的に森と共存してきた国のためか、口承され続けてきた森を舞台とする森の民話や動物寓話が数多くある。その中ひとつに「豆鹿説話」というものがあり、基本ストーリーは弱小動物のマメジカが知力で森の強者である虎や鰐に勝つ話である。そこで、豆鹿が逆転して強者の立場になるという「豆鹿とヤドカリ」の話を紹介したい。

「駿足に自信のある豆鹿は海辺でヤドカリに競争をもちかける。ヤドカリは仲間を集めて作戦を練る。競争の当日、ヤドカリは一致団結して浅瀬に身を隠し、豆鹿が走る前方から順番に姿を現して先行していることを知らせる。遂に豆鹿は力尽きて、敗北を認める。」
 

我々にとって初めてのACLは、ウサギの持つキャラのように、弱者であるがゆえの俊敏さと臆病さを備え、「兎兵法」(あまり考えずに中途半端な戦略をたてること)など当然ながら論外であり、「始如処女後如脱兎」(始めのうちは物知らぬ少女のように弱々しく振る舞い、敵の油断を誘っておき、攻撃は脱兎の如く機敏に行うことで敵に防禦の隙を与えない)という、孫子の兵法のように細心かつ大胆に、強かに闘いたい。

Be like a fleeing rabbit !(脱兎のごとく生きよ)



Today's My Favourite Song



Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://hommanet.blog106.fc2.com/tb.php/105-431932ba
Listed below are links to weblogs that reference
スマトラウサギ from A Note From The Composer

Home > Football > スマトラウサギ

Tag Cloud
2014 Count down

大阪税理士が送るWroldCup

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。